応援ありがとうございます              現在の閲覧者数:   原宿本店サロンの地図はこちら 渋谷コロンバンビルの地図はこちら

はちみつで幸せに!?綺麗に!?

原宿みつばち
初採蜜時の採れたてはちみつ・・・
あの光り輝く色、甘~い香り、絶妙な味、今でも忘れられません。
本社では皆で、値段の安い某バニラアイスにたっぷりとかけて頂きました。
「美味しい~!高級デザートみたい!」
ちょっと固まりかけたハチミツも もうっ・・・
贅沢すぎました。幸せでした。
採れたてハチミツをあんなにたべることができたなんて

あと実は・・・
私、こっそりと持って帰って洗顔料にも混ぜ込んで使ってみました。
泡立てたフォームの匂いはというと・・・かなり独特。
だけど洗い流したらもっちりすべすべ!!
これは毎日続ければ良いかも!赤ちゃん肌に戻れるかも!
ちょっと大袈裟すぎましたね w

本当にはちみつは美味しくって、美容にも良くって最高!

ミツバチさん達、こんなに素晴らしいものを作ってくれてどうも有難う
これからも世の中の女性を幸せに綺麗にさせて下さいね!
(本社 伊関)

※伊関さんはメールマガジン「コロンバン通信」9号(2010/08/06)に養蜂する社員の画像として登場しています。

分蜂と初めての産卵

4群のみつばちが原宿コロンバン屋上に九州は福岡県朝倉市から引っ越してきたのは5月7日でした。
約5ヶ月半飼育をしてきて一番感動したのは新女王ばちの誕生と産卵でした。
 
女王ばちは、群を維持(産卵)するために必ず1群に1匹いなくてはなりません。
しかし第2群の女王ばちが原因は不明ですが一時不在になってしまいました。

ミツバチ産業の藤井さんの指導で8月7日に女王飼育箱2箱で人工分蜂を行いました。
巣板には王台(女王の巣房)ができ、8月21日に2箱とも立派な新女王が誕生しました。
1週間から10日で巣箱から飛び立ち交尾をして戻り約2日で産卵をはじめるそうです。
しかし、巣箱に戻る途中で事故に遭うケースもあるとのこと。安心はできません。

毎朝見守る中、10日目の8月31日にお尻の大きくなった女王ばちを確認しました。
無事交尾から帰って来れたのです。
そして9月2日には第2群、第5群(新しい群)ともに産卵を始めたのです。
そして立派な群に成長してくれました。

写真は第2群の巣房の上で働き蜂よりローヤルゼリーをもらう女王ばちです。
(金居)
ローヤルゼリーをもらう女王ばち

一休み

雨の日の巣箱(3群、4群)
今日、原宿は朝から雨です
猛暑記録を連日更新していた夏もやっと終わり
表参道の欅を濡らす雨も少し冷たくすっかり秋
季節は思っているより早く変わっていきますね
なんだか突然秋になり直ぐに冬が来そうです

みつばち達の秋は冬支度に忙しく、澄み切った空や、爽やかな秋風を楽しむ
余裕も無いようです

でも今日は雨、一休みの一日になりそうです
今日はゆっくり休んで下さい
(小屋松)

ミツバチはサラリーマンのお父さん?

みつばち!

小学生の頃、テレビでみなしごハッチを見ていた記憶が蘇ります。いやー、最終回の「ママ」に会えたときの感動忘れません!

今考えると、当時どうして「蜂」のキャラクターがそんなに愛されたのでしょう??(蜂のイメージがかわいいアニメのキャラクターとミスマッチ?) 考えもしなかったけれど、ミツバチは他の蜂とは違い何かやさしそう!かわいい!
 
一生懸命働いて、定刻には家に帰ってくる。子供を守るためには命をも惜しまない。何か理想的なサラリーマンのお父さん!でも働いているミツバチはみんな女の子って…。これってどうよ!
(池田)


みつばちちゃん

朝日新聞様で養蜂事業が紹介されました!

今日は朗報です。
大変光栄なことにあの朝日新聞さまで、コロンバンの養蜂事業が紹介されました!

嬉しいな、嬉しいな!

ちなみに、掲載紙面内で紹介されている人物は布川さんです。

布川さんと金居さんは、特にミツバチへの愛情が深くて、まるでお父さんのように
働きバチちゃんたちのお世話をしているのです。

養蜂するまで知らなかったのですが、働きばちは皆女の子なんです!
お父さんたちの愛情を受けて、今日も元気に蜜を集めに出勤していきました。
(いってらっしゃ~い!)

原宿ミツバチ
ふわふわしたファーをつけているみたいで、本当にかわいいミツバチさんたち。
なんだか癒されます♪
(白石)

ミツバチの性格

代々木公園で見たミツバチ
大学のころ、気象部というサークルに入っていました。
昔のことで、何をしてたかももうおぼろげですが、毎日お昼には学生会館の屋上で雲を眺めていた記憶があります。
雲って、学術的には10種雲形と言われますが、無限の変化があって、見飽きませんでした。
天文部の方が人気ありましたけど。(^_^;)

今は屋上で養蜂を行う日々ですが、これも良く見ると、同じ働き蜂であっても、体色、羽の形、性格が少しずつ異なります。

性格というと、擬人化した抽象的な表現ですが、例えばホースの水に集まるにも、さっと着水する個体もいれば、水の深さ等慎重に見計らって十回以上空中を旋回してから浅瀬に着陸する個体もいます。

巣から飛び立つときはみな似たようなものですが、巣に戻ってくるときにも最短距離をじぐざぐに飛んで戻る個体と、流線形に戻ってくる個体がいて、単なる齢や運動能力の差では無いように見えます。

もちろん、名前を付けて見分けるとまではいきませんが。

写真は代々木公園で撮ったものです。うちの子です、多分。(^^)
(橋本)

冬に向かって。。。。

原宿屋上養蜂所
5月に福岡から当社屋上にやってきたミツバチたち、今まで、本当に良く働きました。
朝早くから、夜日没まで、本当に休みなく、一生懸命働きました。

暑かった夏もあっという間に過ぎ去り、静寂の中に秋の気配が。。。そして寒さ厳しい冬の到来。ミツバチたちがこの原宿で初めて迎える冬。。。

彼女たちはどんなことを想い、そしてどんな風にきびしい冬を越していくのでしょうか?

「もう、働かなくていいよ。。本当にお疲れさま。。いい加減に体を休めて、暖かくしてさ。絶対にみんなで厳しい寒さの冬を乗り切ってよ。。。」
まだ冬の到来には早いけど、最近ミツバチに、そう語りかける今日この頃です。
(布川)

内検を行いました

原宿のみつばち
記念すべき原宿ミツバチブログの第一弾です。
みなさま、よろしくお願いいたします。

ところで、本日は水曜日以来の内検を行いました。
久しぶりにミツバチ産業の藤井さんにもお越し頂いて、
朝から各群(いまは5群まであります)の状態を検査してまわりました。

4群は元気で貯蜜状況も良好で、越冬の心配もないようですが、
他の群は継箱を減らして集約化するなどの手助けが必要なようです。

でも、女王蜂はみな元気なことを確認しましたので安心しました!
(金居)
プロフィール

原宿ミツバチ

Author:原宿ミツバチ
フランス菓子のコロンバンが、原宿本店サロン屋上渋谷コロンバンビル屋上で、セイヨウミツバチの養蜂を行っています。
社内の「ミツバチ委員会」所属の社員が交替で書いています。


原宿 みっころ
コロンバンの広報宣伝隊長。ミツバチのことをもっと多くの人に知ってもらうために活動中。

【生まれたところ】東京都 渋谷区 原宿
【お誕生日】 3月8日(みつばちだけに)
【性別】 おんなのこ
【性格】優しい働きもの。子だくさんの家に生まれたので、子どもの面倒見がいい。 時には家族を守る為に戦うこともある。
【夢】日本をお花でいっぱいにすること。
【特技】・8の字ダンス ・お花の名前に、いちいち詳しい。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
207位
アクセスランキングを見る>>
♥原宿はちみつプリンのご案内♥
原宿はちみつプリン

♥♥コロンバンのネット通販♥♥
コロンバンのネット通販




コロンバン通信登録
メルマガ購読・解除
 
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
                                          コロンバン原宿本店MAP