応援ありがとうございます              現在の閲覧者数:   原宿本店サロンの地図はこちら 渋谷コロンバンビルの地図はこちら

秋の出来事①

夏も終わり、だんだんと秋の気配がしてきました。

秋と言えば、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋など
色々ありますが、養蜂場では少しかわいそうな事が起こる時期でもあります。

それは〝雄蜂の完全追放″です
少し大げさに書きましたが、実際に冬になると、巣内では雄蜂をほとんど見かけません。

男からしてみれば「なぜ追放!?」と思うところですが、
これにはちゃんと理由があります。

その理由は簡単。働かないから

雄蜂②
↑巣門前でのんきに顔を洗っている場合じゃありません。

このままだと、雄蜂がかわいそうなので、少し説明したいと思います。

前にも話したかもしれませんが、ミツバチの社会は女性中心の社会です。
私たちが花の上で普段見かけるミツバチは、全て雌蜂。
更には、巣内の掃除や、拡張、育児、巣の防衛まですべて、雌蜂がこなします。

では、雄蜂は何をしているかと言うと…
巣の中で、働き蜂から餌をもらって、外で飛ぶ練習をしているだけ

巣内の仕事は何もしません。
ましてや男らしく外敵から巣を守る事もしません。
なんせ、ミツバチ最大の武器である「針」を雄蜂は持っていないのです。

ここまで聞くと、巣の中では本当に役立たずにしか聞こえません。
本当にいる意味があるのだろうか…?と思うほどです。

しかし実際には少し同情したくなるような結末が待っています。
少し長くなってしまうので、続きは次回のブログで書きたいと思います。
(白井)
シェア

ミツバチの大工さん

またまたミツバチの変な行動を見かけました。
今回は、動画でお伝えしたいと思います!


10匹くらいの蜂が、巣門の周りで下を向いて、体を前後に動かしていました。
小刻みに何度も繰り返していて、ステップを踏んでいるようにも見えます(笑)

何をしているのか?と思い、調べてみたところ
この動きには 「カンナがけ行動」 という名前が付いていました。

なるほど、出入りしやすくするために、巣門の周りを削って滑らかにしているのか~
と思いきや、なんと実際にはカンナがけしているわけではなく
ただ前後に体を動かしているだけ。なのだそうです!

それなら、巣に近付く外敵に対して、警戒のような意味があるのかな~
と思いきや、そういうわけでもなく
本当にただ前後に体を動かしているだけ。なのだそうです!
なんて無駄な動き!!!

この行動は、1925年に初めてドイツ語で 「カンナがけ」 と表現されたそうです。
しかし、その意味や効果については今でもあまり分かっていないようで、
「実質的な役割はなく、仕事にあぶれた時のひまつぶし」
という考えが有力なようです(笑)
働き者のミツバチだからこそ、仕事にあぶれてしまうのでしょうか(^^;)

見れば見るほど、色々な面白い行動を見せてくれるミツバチたち。
1日中でも見ていられそうです!(笑)

(河辺)
シェア
プロフィール

原宿ミツバチ

Author:原宿ミツバチ
フランス菓子のコロンバンが、原宿本店サロン屋上渋谷コロンバンビル屋上で、セイヨウミツバチの養蜂を行っています。
社内の「ミツバチ委員会」所属の社員が交替で書いています。


原宿 みっころ
コロンバンの広報宣伝隊長。ミツバチのことをもっと多くの人に知ってもらうために活動中。

【生まれたところ】東京都 渋谷区 原宿
【お誕生日】 3月8日(みつばちだけに)
【性別】 おんなのこ
【性格】優しい働きもの。子だくさんの家に生まれたので、子どもの面倒見がいい。 時には家族を守る為に戦うこともある。
【夢】日本をお花でいっぱいにすること。
【特技】・8の字ダンス ・お花の名前に、いちいち詳しい。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
212位
アクセスランキングを見る>>
♥原宿はちみつプリンのご案内♥
原宿はちみつプリン

♥♥コロンバンのネット通販♥♥
コロンバンのネット通販




コロンバン通信登録
メルマガ購読・解除
 
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
                                          コロンバン原宿本店MAP